有機スズ化合物の沿岸生体系における循環と収支

有機スズ化合物の沿岸生体系における循環と収支

課題番号1992005179
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間単H04〜H04
年度1992
研究問題水域汚染の水産生物に及ぼす影響の解明
大課題汚染物質の海洋における挙動と海産生物に与える影響の解明
中課題汚染物質の環境化学的挙動の解明
小課題有機スズ化合物の沿岸生体系における循環と収支
摘要船底塗料の殺生物剤として使用されているの有機スズ化合物による海洋汚染は,全地球的規模に拡大しており,特に,沿岸域における汚染は著しい。有機スズ化合物の水産生物への急性毒性は強く,また,蓄積性も高いことが知られている。しかし,有機スズ化合物の海域における環境コンパ−トメントへの分配や微生物による分解など海域環境における挙動や生態系における循環に関しては不明な点が多い。そこで,本研究では,マリ−ナの多い沿岸の内湾をモデル水域に選定し,そこでの有機スズ化合物の環境化学的運命を明らかにして海洋汚染防止のための基礎的知見を得る。
研究分担環境保全・水質研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033639
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat