マミチョグによる初期生活段階毒性試験法の開発

マミチョグによる初期生活段階毒性試験法の開発

課題番号1992005196
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間新H04〜H07
年度1992
研究問題水域汚染の水産生物に及ぼす影響の解明
大課題汚染物質の海洋における挙動と海産生物に与える影響の解明
中課題汚染物質の生物検定法の確立
小課題マミチョグによる初期生活段階毒性試験法の開発
摘要種苗生産の容易なマミチョグ(Fundulus heteroclitus)を用いて感受性の高い初期生活段階における海水魚の慢性毒性試験法の開発を行なう。初年度は受精卵の安定した採取方法と孵化仔魚の小型水槽内での流水式飼育方法を開発し,受精卵から孵化後2か月までの毒性試験を可能とする。次年度以降はこれによって開発した試験法を用いて各種の汚染物質に対する慢性毒性試験を行なうとともに,急性毒性試験を行なってマミチョグにおける急性・慢性比を求める。さらにマダイにおける急性毒性値を求め,この値と急性・慢性比からマダイの慢性毒性値を推定する方法を開発する。
研究分担環境保全・検定研生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033656
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat