魚介類のグルタチオンの分布と濃度(121)

魚介類のグルタチオンの分布と濃度(121)

課題番号1992005240
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間完H01〜H03
年度1992
研究問題水産物の高度利用技術の開発
大課題低・未利用資源の利用技術の開発
中課題低・未利用水産物並びに加工廃棄物利用技術の改良と開発
小課題魚介類のグルタチオンの分布と濃度(121)
摘要最近注目を集めている生理活性物質であるグルタチオン(GSH)の有効利用を図るため、その体内分布と濃度を赤身魚・白身魚,天然魚・養殖魚,表層魚・深海魚,巻き貝・二枚貝等20種以上の水産生物を用いて検討した。濃度の極めて低い底棲のホンアンコウを除いて,供試した魚介類には0.2〜2μモル/g組織のGSHが存在し,種により一定の範囲内の値を示したが,同一種内では栄養状態の良好なものの方が高い濃度を示した。組織別のGSH分布としては,大多数の種において肝臓から最も高い濃度が検出されたが,タラやシロダラなどの白身魚および巻貝の筋肉などの可食部は,肝臓と同程度またはそれ以上のGSH濃度を示した。
研究分担生物機能・生特研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033700
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat