沖合陸棚資源の漁業管理システムの開発(148)

沖合陸棚資源の漁業管理システムの開発(148)

課題番号1992005265
研究機関名中央水産研究所(中央水研)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題漁業管理方式の社会・経済学的解明
大課題漁業・増養殖管理方式の開発
中課題漁業管理システムの開発
小課題沖合陸棚資源の漁業管理システムの開発(148)
摘要3年度においては,総漁獲量規制による漁業管理に関する研究のため,アラスカにおける沖合陸棚資源の漁業管理システムについて事例解析した。漁獲量・漁場等のデ−タベ−スを構築しており,これをオンラインでサ−ビスし,終漁時期の決定に役立てている.また,このデ−タベ−スを利用した資源評価等に関する研究は,マルチスピ−シスのポピュレ−ションダイナミックスであり,種々のモデルが利用されている.しかし,生物エネルギ−の研究がすべての種類で行われているわけではなく,また転換効率についてもほとんど判っておらず,実験室内での近縁種の栄養生理学的研究のデ−タを利用しているのが実情であった.4年度はITQ制度に関する事例解析を行なう。
研究分担経営経済・漁業管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033725
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat