土壌侵食に及ぼす傾斜と土壌管理の影響(11)

土壌侵食に及ぼす傾斜と土壌管理の影響(11)

課題番号1992002817
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
他機関技会事務局
研究期間継S61〜H07
年度1992
研究問題傾斜地における生産基盤安定化技術の開発
大課題傾斜地農業の環境管理技術の開発
中課題傾斜地農地における土壌保全技術の開発
小課題土壌侵食に及ぼす傾斜と土壌管理の影響(11)
摘要傾斜15度と25度のライシメーターに温州みかんと茶を栽培し、地表面管理(清耕、敷わら、草生)と傾斜度が、地表流出水量、流出土量と浸透水量に及ぼす影響を、自然降雨下で比較した。年間の地表流出水量は清耕>>草生>敷わら区、みかん>茶となり、傾斜度の影響は明瞭でなかった。土壌流出量は一般にみかん>茶で、清耕区は59〜13kg/aの流出があり、他区は零に近く、前年に比べるといずれも減少した。窒素の流出はほとんどが地表流出水に伴うもので、みかん、茶ともに清耕区においてのみ認められた。施肥量に対する窒素の全流出率はみかんで17〜76%、茶では7.4〜16%で、両者とも前年の約1/2に低下した。
研究分担地域基盤・環境管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033745
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat