深根性植物利用による傾斜地農地の保全(15)

深根性植物利用による傾斜地農地の保全(15)

課題番号1992002819
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
他機関技会事務局
研究期間継H03〜H07
年度1992
研究問題傾斜地における生産基盤安定化技術の開発
大課題傾斜地農業の環境管理技術の開発
中課題傾斜地農地における土壌保全技術の開発
小課題深根性植物利用による傾斜地農地の保全(15)
摘要トラクター深耕がむつかしい急傾斜畑の下層土の、通気性、透水性の改良、粗放管理畑の低コスト保全対策技術開発のため、周年アルファルファ、キマメ−麦、ソルガム−麦、作付による効果を比較する圃場を造成した。傾斜約9度、花崗岩・安山岩風化物崩積土の圃場の積算浸入水量は50〜300mm/時に分布した。予備的に栽培したキマメ3品種直根の伸長は、早生のICPL−84023が40cm、中生のICPL−87、同11は60cm以上で、下層土の理化学性改良に適することが、明らかになった。なお、他の永年性品種は、当地の温度条件下では利用が制約されるもようである。
研究分担地域基盤・環境管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033747
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat