キウイフルーツの高品質安定生産技術の確立(29)

キウイフルーツの高品質安定生産技術の確立(29)

課題番号1992002832
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題傾斜地利用による高位安定生産技術の確立
大課題傾斜地果樹園における高位安定生産技術の確立
中課題傾斜地果樹の高品質安定生産技術の確立
小課題キウイフルーツの高品質安定生産技術の確立(29)
摘要シマサルナシ台キウイフルーツの生育特性と果実品質を検討した結果、定植3年目ではシマサルナシ台でのわい化効果は認められなかった。ただし、着花に差が認められ、シマサルナシ台で100%、シマサルナシ中間台で0%、キウイフルーツ台で67%の着花率となった。果実品質はシマサルナシ台でBrix、酸ともにやや高くなった。シマサルナシ中間台では中間台部の幹の肥大が悪く、台負け状態を示した。
研究分担地域基盤・果樹研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033760
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat