裸麦育種材料の特性解明(60)

裸麦育種材料の特性解明(60)

課題番号1992002861
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継S59〜H04
年度1992
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題麦類の高品質・高収量品種の育成及び育種法の開発
中課題裸麦育種法の開発
小課題裸麦育種材料の特性解明(60)
摘要ジ−ンバンク事業の一環として裸麦の特性をデ−タベ−ス化するため、国内外の裸麦100品種と標準品種27を供試し、一次形質23、二次形質6、計29形質と20品種の三次形質を調査してデ−タを生物研へ送付した。今年度はネパ−ル在来種を多く供試したが、これらはすべて並性で大部分が長稈・長穂であった。また、叢性は中間〜やや匍匐性、中生品種が多かった。穂の形状・色は比較的変異に富み、芒は無芒〜極長芒、三叉芒、ふの色は淡黄色が多いが濃紫色や黒色も含まれていた。粒色は褐色粒が多いが濃紫色粒やしわ粒も含まれ、見かけの品質は不良であった。増殖30品種は所定の採種量を確保した。
研究分担作物開発・畑育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033789
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat