近縁種を利用した裸麦の変異拡大(63)

近縁種を利用した裸麦の変異拡大(63)

課題番号1992002864
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間中H01〜H02
年度1992
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題麦類の高品質・高収量品種の育成及び育種法の開発
中課題裸麦育種法の開発
小課題近縁種を利用した裸麦の変異拡大(63)
摘要オオムギ属野生種14種・亞種45系統、ライムギ4品種の特性を調査し、育種母材としての有効性について検討した。その結果、直接交配母本としての利用が難しく、新しい雑種作出法を検討する必要があると判断されたのでしばらく中断し、その間に利用しやすい近縁種の導入等の準備を行う。
研究分担作物開発・畑育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033792
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat