ウリ類に発生するウイルスの種類と性状

ウリ類に発生するウイルスの種類と性状

課題番号1992002883
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間新H04〜H07
年度1992
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題病原微生物の伝染機構の解明と制御技術の開発
中課題地域農作物の主要病害の流行蔓延機構と被害機構の解明
小課題ウリ類に発生するウイルスの種類と性状
摘要四国地域ではキュウリを始めとして各種のウリ類にキュウリモザイクウイルス(CMV)、カボチャモザイクウイルス(WMV)及びズッキ−ニ黄斑モザイクウイルス(ZYMV)が多発生し、大きな被害を及ぼしている。さらに、最近ではこれら以外にも新しいウイルスが発生していることが判明した。そこで、各種ウリ類に発生するウイルスの種類、系統を同定し、その性状を明かにする。また、発生するウイルスの複合感染に起因するカボチャ台木接ぎ木キュウリの被害機構を解明する。
研究分担生産環境・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033811
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat