花き類の病害防除技術の確立(88)

花き類の病害防除技術の確立(88)

課題番号1992002885
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
研究期間継H02〜H06
年度1992
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題病原微生物の伝染機構の解明と制御技術の開発
中課題地域農作物の主要病原微生物の制御機構の解明と制御技術の開発
小課題花き類の病害防除技術の確立(88)
摘要フジナデシコから採集したウイルスはカ−ネ−ションベインモットルウイルス(CVMV)と同定した。CVMVを接種したカ−ネ−ション、セキチク、ナデシコではモザイク、花の色割れ症状が現われた。抗血清を作製し、エライザ法によるCVMVの検出を試みたところ、病葉では1,024倍希釈まで検出可能であり、診断に利用出来ることが判明した。トルコギキョウの根腐症状は、接種試験の結果、ペニシリウム属菌の1種に起因し、品種間で発生が異なることを明らかにした。ホトトギスに発生したモザイク病はキュウリモザイクウイルス(CMV)に起因するものであり、市販の3品種に本ウイルスを接種したところ原寄主と同様の症状が現われた。
研究分担生産環境・病害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033813
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat