汎用田の耕盤管理による土壌物理性の改善効果(103)

汎用田の耕盤管理による土壌物理性の改善効果(103)

課題番号1992002898
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
他機関草地試
研究期間継H01〜H04
年度1992
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題農地土壌の管理及び施肥技術の開発
中課題農地土壌の管理技術の開発
小課題汎用田の耕盤管理による土壌物理性の改善効果(103)
摘要1989年春に全層破砕機により深さ40■まで破砕処理して、大豆−麦−水稲−麦を栽培した後の圃場では、破砕処理区と無処理区の間に土壌硬度の差が認められなかった。また1990年春に処理して、大豆−麦を栽培した後の圃場では、下層に破砕処理の持続効果が認められたものの、水稲を栽培した後には破砕処理の持続効果はほとんど消失した。これらのことから、全面全層破砕処理で得られた土壌物理性(土壌硬度)の改善効果は、畑作を続ければ1年以上持続するが、水田に戻すと速やかに消失するものと考えられる。
研究分担生産環境・土壌管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033826
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat