温暖地汎用水田における下層土改良技術の確立(115)

温暖地汎用水田における下層土改良技術の確立(115)

課題番号1992002908
研究機関名四国農業試験場(四国農試)
他機関草地試
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題温暖・傾斜農業地域における総合生産力向上技術の確立
大課題複合型高度水田利用技術の確立
中課題基幹作物の省力・低コスト・良質・安定栽培技術の確立
小課題温暖地汎用水田における下層土改良技術の確立(115)
摘要耕盤破砕・作土施肥区では、耕盤無処理・作土施肥区に比べて大豆の生育初期からの窒素吸収量が多く、過繁茂の生育状態を示した。これに対して、耕盤破砕・下層施肥区では、生育初期の窒素吸収が抑えられたため、過繁茂になることはなく、大豆の着莢数並びに子実収量が増加した。大豆栽培跡地土壌の全窒素と有効態リン酸の垂直分布を見ると、耕盤破砕・下層施肥区(施肥部位を調査)では、大豆収穫後も下層に施肥の影響が残り、両成分とも下層における比率が他2区に比べて高くなった。
研究分担生産環境・土壌管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033836
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat