東シナ海におけるフグ類の資源評価(37)

東シナ海におけるフグ類の資源評価(37)

課題番号1992005382
研究機関名西海区水産研究所(西海水研)
研究期間継S52〜H07
年度1992
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題東シナ海・黄海及び日本海西部海域における水産資源の評価
中課題底魚類の資源評価
小課題東シナ海におけるフグ類の資源評価(37)
摘要3年度は、44年から2年までの水揚量(下関南風泊市場)統計の分析、及び萩市越が浜漁協延縄漁船の漁獲統計から求めた年齢組成の推移等から資源の現状について検討した。トラフグ資源の現状は低水準で減少傾向にあると判断される。特に、元年からは漁獲量の減少と相俟って若齢魚の割合も低下しており、資源状態の悪化が懸念される。資源状態悪化の要因は小型延縄漁船の急増及びスジ縄の導入など、努力量の質的・量的増加にあると考えられる。したがって、本種資源については資源の管理方策についてあらためて検討する必要があるが、それには生物特性の把握と漁業の実態把握が不可欠である。4年度は生物特性の研究と並行しながら、聞き取り調査等により漁業の実態を把握する。
研究分担下関・底魚資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033890
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat