牛肉品質管理のための屠殺・枝肉保存技術の開発(15)

牛肉品質管理のための屠殺・枝肉保存技術の開発(15)

課題番号1992002262
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関企画・研究情報科
研究期間継H03〜H06
年度1992
研究問題東北地域農業の発展方式の確立
大課題地域農畜産物の流通利用技術の開発と市場対応方式の解明
中課題農畜産物の品質評価・品質保持・加工技術の開発
小課題牛肉品質管理のための屠殺・枝肉保存技術の開発(15)
摘要筋肉中のアデノシン3燐酸の代謝状態を表すための式(Ka値)を定義し、屠殺時の筋肉の痙攣の程度を調べた。子牛9頭を用い、3頭は麻酔処置により筋肉に負荷のかからない方法で屠殺し(A区)、残り6頭は屠殺時に延髄・脊髄破壊を行う慣行法で屠殺した3頭(P区)、および破壊処置を行わなかった3頭(N区)に分けて各筋肉のpHおよびKa値を測定した。屠殺方法の差異は大腰筋(ヒレ肉)で認められ、pH値は、A区がN区およびP区よりも有意に高いだけであったが、Ka値では、P区がN区よりも有意に高く、延髄・脊髄破壊が大腰筋の痙攣を激しくすることが明かとなった。4年度は屠殺時の痙攣を促進する要因についてさらに検討を加える。
研究分担畜産・栄養生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030033936
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat