裂皮性検定法の確立と極難裂皮性遺伝子源の探索(138)

裂皮性検定法の確立と極難裂皮性遺伝子源の探索(138)

課題番号1992002384
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
他機関九州農試
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題寒冷地の畑作地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物品種の育種法の確立
中課題品質・成分育種法の開発
小課題裂皮性検定法の確立と極難裂皮性遺伝子源の探索(138)
摘要大豆種子を吸水させ、乾燥することで裂皮を発生させ、裂皮性を簡易に検定する手法を確立するため、3年度は乾燥時の温度、湿度と吸水裂皮粒の発生時期とその品種間差異を検討した。吸水裂皮粒の発生には乾燥時では温度より湿度の効果が大きく、2年度までの試験結果と合せて、大豆種子を40度の温水で約5時間吸水させ、温度30℃湿度60〜70%で8時間以上乾燥する裂皮性の検定法を確立した。また、吸水裂皮性検定後の種子は発芽能力を持ち、F3またはF4の交雑集団種子を吸水裂皮率での集団または個体統選抜した場合、吸水裂皮率での選抜効果が認められた。
研究分担作物開発・成分育法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034058
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat