なたね遺伝資源の特性評価(175)

なたね遺伝資源の特性評価(175)

課題番号1992002422
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継S58〜H04
年度1992
研究問題寒冷地の畑作地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物品種の育成
中課題畑作物育種素材の収集・保存と特性評価
小課題なたね遺伝資源の特性評価(175)
摘要新しく導入された遺伝資源や既存の遺伝資源でその特性が未評価のものについて、その特性を調査してデータベース化のための資料に供する。3年度は生物研が保存しているなたね遺伝資源のなかから、B.napusの貯蔵種子250系統について脂肪酸組成を分析した。前年無エルシン酸と評価された30系統については場内で栽培・収穫したなたね子実の含油率、グルコシノレート含有率、千粒重、粒揃いを調査した。また、低グルコシノレートの8系統については春まき性について調査した。4年度は3年度と同じ数、同じ項目について新たな系統を供試して調査する予定である。
研究分担作物開発・資源作物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034096
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat