新殺線虫剤のネコブセンチュウに対する作用特性に関する研究(184)

新殺線虫剤のネコブセンチュウに対する作用特性に関する研究(184)

課題番号1992002430
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間単H03〜H03
年度1992
研究問題寒冷地の畑作地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作における連作障害の発生要因の解明と対策技術の確立
中課題連作障害に関与する病害虫の発生生態の解明と効率的管理技術の開発
小課題新殺線虫剤のネコブセンチュウに対する作用特性に関する研究(184)
摘要1)HCN−801、5%粒剤20kg、30kg/10aの処理は対照(オキサミル剤)に比較して、処理後の効果は若干認められるものの、収穫時のゴール指数では同等ないし劣り、殺線虫効果はやや劣った。薬害は草丈(6/17)及び総果重(〜9/24)から判断すると、30kgの施用は草丈の抑制と、果重の減少をもたらした。2)MCN−8501液剤40/10aの処理効果は対照(D−D)と同等で著しい効果が認められ、収穫時においても無処理区に比較して被害度を低く抑えた。発芽時(6/14)及び開葉時(7/5)において薬害は認められなかった。残された問題点、データの蓄積が必要。成果の受け渡し先、委託元に所定のデータを提供した。
研究分担畑地利用・畑病虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034104
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat