有機物の土壌環境改善機能の解明(186)

有機物の土壌環境改善機能の解明(186)

課題番号1992002433
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H01〜H05
年度1992
研究問題寒冷地の畑作地帯における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作における連作障害の発生要因の解明と対策技術の確立
中課題連作障害に関与する土壌要因の動態の解明と畑土壌管理技術の開発
小課題有機物の土壌環境改善機能の解明(186)
摘要トビムシFolsomia hidakanaを苗立枯病菌Rhizoctonia solaniに汚染された苗床に移入すると、病菌の感染力を抑制し、播種したダイコン、キュウリ、キャベツ、ゴボウは健全に発芽した。稲ワラ・ボカシ・桑条および枯草堆肥のみを連用(2年間)すると、ネギの収量が化成肥料単用に比べて高く、またインゲンマメ、ミニトマト、サトイモの収量も稲ワラとボカシ堆肥の連用が、化成肥料単用に比べて高かった。根域土壌の中型土壌動物の生息密度は、堆肥あるいは化成肥料単用、堆肥と化成肥料との併用に伴い増加あるいは減少するという傾向はなかった。
研究分担畑地利用・畑土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034107
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat