ホールクロップサイレージの繊維成分に基づく評価法の開発(214)

ホールクロップサイレージの繊維成分に基づく評価法の開発(214)

課題番号1992002464
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題草地の高位生産性を基盤とした寒冷地畜産の総合生産力向上技術の確立
大課題飼料畑における生産技術と粗飼料等の調製・貯蔵技術の確立
中課題粗飼料等の調製・貯蔵技術と品質評価法の開発
小課題ホールクロップサイレージの繊維成分に基づく評価法の開発(214)
摘要水田転作作物として重要なトウモロコシおよびソルガムのサイレージを対象とした品質評価法を開発するため、トウモロコシ3品種、ソルガム2品種を用いてホールクロップサイレージを調製し、それらの栄養価、飼料成分特性を明らかするとともに、繊維成分の消化性についても検討した。可消化養分総量(TDN)含量は平均でトウモロコシが61.7%、ソルガムが50.4%であり、作物の種類によって相違した。調べた飼料成分のなかでは、繊維成分の含有率がTDN含有率と最も高い相関を示した。繊維成分の消化率もソルガムはトウモロコシに較べて低かった。この相違をもたらす理由の一つに、リグニンを含むフェノール性化合物の存在が考えられた。
研究分担草地・飼料調製研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034138
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat