地域環境複合利用技術の総合的評価(275)

地域環境複合利用技術の総合的評価(275)

課題番号1992002514
研究機関名東北農業試験場(東北農試)
研究期間継H03〜H05
年度1992
研究問題東北地域における農業生産技術システムと高生産性営農方式の確立
大課題農業経営と農業組織の合理的管理方式の確立
中課題農業経営発展のための技術的、経済的、社会的要因の解明
小課題地域環境複合利用技術の総合的評価(275)
摘要3年度は、東北では比較的天蚕飼育が普及している岩手県の動向を産地動向の特徴を検討した。その結果、クヌギ、コナラなどの栽培適地が多く天蚕飼育が分布する中山間地域の環境を活用する方向には、■小規模、傾斜、農林複合的な自然環境活用型の方向、■それによる治山治水や景観保全など地域生態系保全型の方向、■その自然的社会経済的環境を活かした農業観光・交流促進型の方向、■織物技術の蓄積など歴史的環境を基盤とする地場技術・地場産業活用型の方向、■行政や農協などの支援による新製品開発・販売型の方向があり、これらを組み合わせた農林業複合経営と地域産業の新展開という評価のための方向付けを解明した。4年度は地域環境への適合性を視点に農家経営と生活の実態と利用技術の特徴を分析する。
研究分担農村計画・経営管理研地域社会研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034188
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat