暖地におけるマメ科窒素固定植物の評価法(12)

暖地におけるマメ科窒素固定植物の評価法(12)

課題番号1993000290
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
他機関九農試
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の収集・利用の効率的手法の開発
中課題遺伝資源の評価・利用法の開発
小課題暖地におけるマメ科窒素固定植物の評価法(12)
摘要セスバニア・ロストラータの栽培特性を明かにした。7月播種では5月播種に比べて初期生育は良かったが、結実期の草丈は115cm程度低くなった。宮崎での播種適期は5−7月と思われた。硬実性による不発芽は70度の温湯に10−20分浸すことで完全に解消できた。前年に栽培したほ場では当年にも47%の個体に根粒が着生したことから、共生根粒菌アゾリゾビウム・ロストラータors−571は土壌に十分定着すると思われた。10a当たり生産量は茎葉生重で2500ー4700kg、根部470ー940kgであり、緑肥作物として有望である他、飼料としての利用も考えられる。採種量は5月播種の場合1株当たり43gで、南九州で種子生産できることが分かった。
研究分担遺資一・植物分類研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034207
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat