イネ科花粉等の保存性の究明(32)

イネ科花粉等の保存性の究明(32)

課題番号1993000314
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間延H01〜H07
年度1993
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の保存・管理技術の確立
中課題植物遺伝資源の長期安定保存・管理技術の開発
小課題イネ科花粉等の保存性の究明(32)
摘要トウモロコシ花粉の保存性について調べ、超低温保存後の生存率、set率を調査した。人工培地上での花粉の発芽率は、含水率が10%程度までなら乾燥してもほとんど影響されず、貯蔵期間1日では7、0、−80℃及びLN2に保存した場合にある程度の発芽率を維持したが、−10〜−40℃では著しく低下した。貯蔵14日後では0℃で約50%の発芽率を維持し、次いでLN2保存であった。長期貯蔵に適していると思われる超低温での保存後のset率は、−80℃では0%であったが、LN2保存では低率ながらも交配が可能であり、発芽率の結果とほぼ一致した。これらのことからトウモロコシ花粉の場合、2週間程度の短期間の貯蔵には0℃がよいと思われるが、長期保存には10%程度の乾燥に耐えることから、超低温保存の可能性があると考えられた。
研究分担遺資二・遺資管理生殖保存研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034231
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat