培養系及び難貯蔵性種子等の超低温などによる保存技術の開発(35)

培養系及び難貯蔵性種子等の超低温などによる保存技術の開発(35)

課題番号1993000317
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H03〜H08
年度1993
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の保存・管理技術の確立
中課題植物遺伝資源の長期安定保存・管理技術の開発
小課題培養系及び難貯蔵性種子等の超低温などによる保存技術の開発(35)
摘要トウモロコシembryogenicカルスを用いて、乾燥法による超低温保存法の開発を試みた。アルギン酸ビーズに封入したカルスを前培養した後、乾燥し、液体窒素に貯蔵した。貯蔵後40℃で昇温し、3週間培養してカルスの生育及び形状を観察した。乾燥方法の違いによって保存後の生存率が著しく異なり、緩やかに乾燥したものよりもクリーンベンチ内で急速に乾燥し、含水率14〜22%にしたものが液体窒素保存後の生存率が高かった(80%以上)。しかし、再生したカルスの形状は保存前に比べ、non−embryogenicカルス、matured embryoを多く含む等、前培養に起因する問題があり、保存後に容易に植物体が再生できたものの、現状では細胞株の保存法としては不適格であると思われた。
研究分担遺資二細胞育種・細胞育種研生殖保存研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034234
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat