組換え微生物の拮抗物質産生性の指標化(52)

組換え微生物の拮抗物質産生性の指標化(52)

課題番号1993000334
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完H03〜H04
年度1993
研究問題遺伝資源の収集・保存・利用技術の開発
大課題遺伝資源の保存・管理技術の確立
中課題微生物及び動物遺伝資源の長期安定保存・管理技術の開発
小課題組換え微生物の拮抗物質産生性の指標化(52)
摘要拮抗細菌Pseudomonas cepaciaの生物防除用微生物としての安全性評価に関連して、同細菌の環境由来株および臨床由来株を用いて拮抗物質産生性および免疫学的手法による両者の識別について検討した。その結果、環境由来株の約80%以上が植物病原菌(糸状菌4種、細菌4種)に対して高い抗菌活性を示したのに対し、臨床由来株のそれはいずれにおいても劣る傾向にあった。また、ダイコン種子のバクテリゼーションによる立枯病発病抑制作用も前者菌株で高く、後者菌株では全く活性を示さないものも存在した。6種類のモノクローナル抗体を用いて菌株間の識別性を比較検討した結果、特定の分離源菌株を明確に識別することはできなかった。
研究分担遺資二・微保存研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034251
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat