イネの発育および分化特異的に発現する機能タンパク質の解析(75)

イネの発育および分化特異的に発現する機能タンパク質の解析(75)

課題番号1993000361
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間止H02〜H03
年度1993
研究問題農業生物の生理機能・生体機能の制御・利用技術及び未利用生物の有効利用技術の開発
大課題植物の生長・発育機構の制御法の開発
中課題植物の発育・老化機構の解明
小課題イネの発育および分化特異的に発現する機能タンパク質の解析(75)
摘要植物における再分化機構の解明を目標として、パルブアルブミン類似カルシウム結合タンパク質の解析を行った。このタンパク質は細胞内における存在量が微量であるので、キャピラリー電気泳動による解析法の開発を行い、カルシウムによる高次構造の変化や阻害剤の結合の有無の検出を簡便にかつ微量の試料でも同定できるシステムを開発した。イネのパルブアルブミン類似タンパク質への新しく開発した手法の応用は、その試料の精製が困難であるために成功していないが、それを精製し、さらに他の分析も行うことが今後の課題である。また、この遺伝子のクローニングを目的として、スクリーニングを実施した。なお、本課題は昨年度よりバイテク育種に課題として採用されたので中止する。
研究分担分子育種・適応遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034278
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat