紫外線による植物の生理機能の変動解析(76)

紫外線による植物の生理機能の変動解析(76)

課題番号1993000362
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題農業生物の生理機能・生体機能の制御・利用技術及び未利用生物の有効利用技術の開発
大課題植物の生長・発育機構の制御法の開発
中課題植物の発育・老化機構の解明
小課題紫外線による植物の生理機能の変動解析(76)
摘要オゾン層の破壊により、増加が予想されるUV−Bの植物生長および生理機能に対する影響を調査した。キュウリではUV−B処理により草高、葉面積が減少し、葉厚、葉面積当たり生重、同葉緑素含量、可溶性蛋白質量が増加した。また、UV−B処理葉では葉肉細胞が1〜2層増加したが、葉緑体のサイズや構造には変化はなかった。イネおよびダイズでもUV−Bによる障害が起こり、葉に褐色の斑点が生じた。キュウリおよびヘラオモダカではUV−B処理によりスーパーオキシドジスムターゼの活性が1.5〜2倍に増加した。光合成および呼吸については、キュウリ、ヘラオモダカともに影響は見られなかったが、キュウリでは気孔伝導度と蒸散量がUV−B処理により減少した。キュウリおよびダイズ葉のエタノールおよびメタノール・塩酸抽出物(フラボノイドと見られる)の紫外部吸収は2日間のUV−B処理により増加し、フラボノイド含量は植物に対するUV−B障害の指標として有効なものと考えられた。
研究分担機能開発・発育生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034279
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat