窒素固定関連遺伝子の発現様式の解明(123)

窒素固定関連遺伝子の発現様式の解明(123)

課題番号1993000393
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題有用形質における遺伝子の同定・単離と形質発現の解析
小課題窒素固定関連遺伝子の発現様式の解明(123)
摘要RK2由来の広宿主域ベクターpRKM248(約10Kbp)ならびにpRKR290(約20Kbp)内に、pMC1403中のプロモーターを削り取ったlacZY遺伝子を組み込んだ後、その遺伝子のすぐ上流に、pOH213内に存在するbphCオペロンのSD配列、翻訳停止コドン、マルチクローニングサイト(MCS)を含むDNA断片を組み込み、更にその上流にpKK62b−7中の転写ターミネーターを挿入することにより、広宿主域プロモーター検索ベクターpRKML248ならびにpRKRL290を作成した。これらのベクター内のMCS中にKlebsiella pneumoniaeのnifHプロモーター、Azospirillum brasilenseのnifHプロモーター、構成的に発現する薬剤耐性遺伝子のプロモーター等を挿入した。得られたプラスミドをAzospirillum brasilenseならびに根粒菌(Rhizobium、Bradyrhizobium)内に導入し、βーガラクトシダーゼ活性を調べた結果、予期される発現が認められた。
研究分担機能開発・窒素固定研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034310
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat