植物におけるウイルス病抵抗性に関する研究(110)

植物におけるウイルス病抵抗性に関する研究(110)

課題番号1993000398
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題有用形質における遺伝子の同定・単離と形質発現の解析
小課題植物におけるウイルス病抵抗性に関する研究(110)
摘要イネ縞葉枯病抵抗性遺伝子の連鎖分析を行うために、F1種子[St.No.1(縞葉枯病抵抗性品種育成の中間母本)×農林8号(感受性品種)、昨年度作製]を播種・栽培し、F2種子集団を得た。また、連鎖分析のために必要な抵抗性検定の条件検討を行った。その結果、F2分析のための抵抗性検定は1.5〜2.0葉期のイネ1個体当り、感染能50〜60%のRSV保毒ヒメトビウンカ(2〜4齢)を2〜3頭、2日間接種することとした。検体は検定終了まで植物育成用チャンバー内で育成し、検定終了後移植し温室内で生育させる。移植後約1カ月後に病徴を調査し、抵抗性を判定する。
研究分担分子育種・生育遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034315
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat