ダイズ種子貯蔵蛋白質改変のための外来遺伝子の評価(118)

ダイズ種子貯蔵蛋白質改変のための外来遺伝子の評価(118)

課題番号1993000404
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H03〜H06
年度1993
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題有用形質における遺伝子の同定・単離と形質発現の解析
小課題ダイズ種子貯蔵蛋白質改変のための外来遺伝子の評価(118)
摘要ダイズ貯蔵蛋白質の栄養性、機能性の向上、新機能の開発を目的に、ゴマ13Sグロブリン酸性サブユニットの分離とN末端アミノ酸配列の分析及びカイコの6量体貯蔵蛋白質SP−1のサブユニットとダイズ11Sグロブリン中間サブユニットとの再構成の解析をおこなった。2次元電気泳動法でゴマ13Sグロブリン酸性サブユニットは4〜5のスポットに分かれ、最も主要なサブユニットはN末端がブロックされていて、N末端配列が決定できたのは1種類でLYGQTLQQGであった。還元剤を欠いても凝集体を形成しないSP−1の変異体を用いることにより、透析法により、11Sグロブリンサブユニットとの再構成を解析する系を確立した。
研究分担分子育種・適応遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034321
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat