イネトランスポゾンの単離と構造解析(125)

イネトランスポゾンの単離と構造解析(125)

課題番号1993000411
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H03〜H09
年度1993
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題有用形質における遺伝子の同定・単離と形質発現の解析
小課題イネトランスポゾンの単離と構造解析(125)
摘要イネから単離されたレトロトランスポゾンをプローブとして、イネ品種を解析したところ、近縁日本型でも多型を示すものが有り、プローブを組み合わせると品種の同定が可能であることが示された。イネから単離されたレトロトランスポゾンのうち幾つかは、培養によって活性化されることが示された。培養細胞系統数種類について調べたところ、インド型由来のOc細胞においてTos6およびTos10のコピー数の増加がみられた。さらに転移を支持するRNAが検出された。また日本型の再分化個体においてもコピー数の増加を示すものがあり、これらは細胞培養時の活性化により誘発されたものと考えられる。
研究分担分子育種・形質転換研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034328
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat