レーザーによる染色体のマイクロダイセクションとマイクロクローニング(139)

レーザーによる染色体のマイクロダイセクションとマイクロクローニング(139)

課題番号1993000428
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
他機関北農試;北陸農試【福井希一;峰沢満】
研究期間継H03〜H06
年度1993
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題植物の染色体地図の作製及びその周辺技術の開発
小課題レーザーによる染色体のマイクロダイセクションとマイクロクローニング(139)
摘要オオムギの第6染色体に存在する18SrRNA遺伝子の座位及びその近傍を残し、他の領域は全てレーザーで焼却した。一対の染色体微細断片を回収し、イネのその塩基配列からデザインしたプライマーによる直接PCRを行い、DNA増幅とビオチン標識プローブ作成を行った。蛍光in situハイブリダイゼーションの結果、シグナルは既報の第6及び第7染色体の18SrDNA領域上に特異的に検出された。またそのPCR産物の制限酵素パターンはイネ17SrDNAのそれと極めて高い相同性を有していた。以上の結果、レーザーによる染色体の微細切断と断片の回収及び特定遺伝子の増幅・単離手法が確立された。
研究分担分子育種・核外遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034345
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat