高感度分析技術開発によるホルモン結合蛋白質の構造と機能解明に関する研究(147)

高感度分析技術開発によるホルモン結合蛋白質の構造と機能解明に関する研究(147)

課題番号1993000434
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
他機関アプロサイエンス;環境研;大阪大;筑波大;東京大【中嶋信美;綱沢進;佐藤忍;西沢直子;洪;英満】
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題新育種素材作出のための組換えDNA技術の開発
中課題遺伝子及び機能タンパク質の高次構造の解明
小課題高感度分析技術開発によるホルモン結合蛋白質の構造と機能解明に関する研究(147)
摘要植物に存在するインスリン結合蛋白質は、チロシンキナーゼ活性があり、細胞壁近傍に局在することがわかった。この蛋白質は特定ペプチドからの情報のレセプターとして機能している可能性が高い。一方、アフィニティークロマトグラフィーによって、このインスリン結合蛋白質に結合する植物由来のポリペプチドを精製することができた。そこで、このペプチドのN末端アミノ酸配列を決定し、アミノ酸配列に基づいてこのペプチドをコードする遺伝子をクローニングするためのオリゴヌクレオチドを合成した。さらに、植物ホルモンジベレリン結合蛋白質の同定およびそのN末端および内部アミノ酸配列の決定も行った。この蛋白質は、プロテインキナーゼがCによりリン酸化されることから、ホルモン情報伝達に関与しているとみられる。
研究分担分子育種・生育遺子研適応遺子研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034351
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat