イネ品種内多重標識系統の作出と利用(231)

イネ品種内多重標識系統の作出と利用(231)

課題番号1993000498
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継S62〜H05
年度1993
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題放射線照射による新遺伝子の創出と遺伝資源利用法の開発
中課題突然変異による新遺伝資源の作出手法の開発
小課題イネ品種内多重標識系統の作出と利用(231)
摘要コシヒカリの放射線照射により、白穂の系統を作出した。この系統は穂が白い以外は形態、収量等が原品種のコシヒカリとほとんど変わりがなく、また、単因子の劣性の遺伝子によるものであるため特に形態変異遺伝子の誘発の際の花粉汚染の検出に大変優れている。この系統とモチ品種との交配により、この白穂遺伝子とモチ遺伝子のあいだに弱い連鎖を認めることができたため、この白穂遺伝子は第6染色体上にあるものと推定された。この系統を使って突然変異育種をさらに進め、形態形質について影響が小さい胚乳形質すなわち乳白米、モチ、および蛋白質変異といった形質が付与された多重標識系統も作出した。
研究分担放育・放育法1研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034415
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat