茶樹の長期緩照射下の突然変異と解析(235)

茶樹の長期緩照射下の突然変異と解析(235)

課題番号1993000499
研究機関名農業生物資源研究所(生物研)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題遺伝子・細胞操作等による新農業生物資源作出技術の開発
大課題放射線照射による新遺伝子の創出と遺伝資源利用法の開発
中課題突然変異による新遺伝資源の作出手法の開発
小課題茶樹の長期緩照射下の突然変異と解析(235)
摘要ガンマーフィールドの長期緩照射下で誘発、選抜された品種「やぶきた」の自家結実性14系統の自家和合性を検討した。各系統と原品種との相反交雑と自殖による結実率を調査し、自殖、相反交雑ともに高結実の1系統、自殖および種子親として高い3系統、ならびに自殖および花粉親として高い1系統を選抜した。とくにIRB87−8、15および27では高い結実性を示した。一部の系統では自殖後代の自家和合性が確認されたので、さらに高度の自家和合性遺伝子を選抜し、遺伝様式を確認して、種子蒔用の茶樹育種の交配母本として利用を進めてゆく。
研究分担放育・照射法研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034416
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat