新育苗法に関する研究(2)

新育苗法に関する研究(2)

課題番号1993004025
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間完S63〜H04
年度1993
研究問題低コスト農業の確立と安全で快適な農作業のための技術開発
大課題農業機械の高性能化のための技術開発
中課題水田作・畑作用機械の高性能化に関する研究
小課題新育苗法に関する研究(2)
摘要ロックウール系人工成型マット等を利用し、草丈・根張りの異なるマット苗の育苗を行い、従来の田植機と乳苗対策田植機に供試して、乳苗の田植機適応性を求めた。また、所要マット数の節減を目的として、高密度播種法を検討した。乳苗用田植機を使用する場合は、草丈・根張りの違いに影響されず、適応可能であるが、従来機を用いる場合は草丈が6cm程度は必要で、草丈が短い苗ほど根張りが必要になると考えられた。また、人工成型マットの高密度播種においては、播種前後の潅水により、播種むらを軽減できることがわかった。
研究分担生産・栽植研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034434
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat