汎用管理作業車の研究−走行車両の開発改良(24)

汎用管理作業車の研究−走行車両の開発改良(24)

課題番号1993004042
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題低コスト農業の確立と安全で快適な農作業のための技術開発
大課題農業機械の多機能化のための技術開発
中課題水田作・畑作用機械の多機能化に関する研究
小課題汎用管理作業車の研究−走行車両の開発改良(24)
摘要水田等において、播種、田植、施肥、除草、病害虫防除などの各種作業を行うために試作したほ場内走行車両に、作業機を装着して前後輪分担荷重を測定した。その結果、作業機の重心位置を前方へ移動させるなどにより、さらに前輪分担荷重を高める必要性が認められた。また、試作車を出穂35日前から出穂15日後まで10日おきに走行させて走行時期と車輪跡付近の水稲の収量等の関係を調べたが、昨年度の結果(出穂後に走行すると減収度合いが高まった)と異なり、走行時期と水稲の収量の間に一定の傾向は見られなかった。
研究分担生産・生管研土壌シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034451
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat