農業用ロボットマニピュレータ(64)

農業用ロボットマニピュレータ(64)

課題番号1993004071
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
研究期間継H04〜H08
年度1993
研究問題先端技術実用化のための技術開発
大課題自動化・ロボット化のための技術開発
中課題ロボット化に関する研究
小課題農業用ロボットマニピュレータ(64)
摘要本課題は各種農作業の合間に存在するハンドリング作業など、負担になる作業に汎用的に対応する装置の開発を目標としており、負担になる作業の実態調査、マニピュレータの基本構成の検討、及び基礎試験用マニピュレータの試作を行った。実態調査は聞き取り調査、及び(社)日本農業機械化協会に委託して行ったアンケート調査(農業機械士を対象)によった。マニピュレータの基本構成として、人と機械が協調して作業を行うような本課題の構想においては、一般的な多関節型が必ずしも適当な構造でないことなどが知見として得られた。また、基礎試験用マニピュレータは極座標型の2自由度のものを試作した。
研究分担基礎・メカトロ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034480
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat