家畜糞尿処理に関する研究−ロックウール脱臭用新素材の利用試験(76)

家畜糞尿処理に関する研究−ロックウール脱臭用新素材の利用試験(76)

課題番号1993004080
研究機関名生物系特定産業技術研究推進機構(生研機構)
他機関栃木畜試【横塚好男】
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題環境保全と資源活用のための技術開発
大課題環境汚染防止のための技術開発
中課題脱臭,除塵技術に関する研究
小課題家畜糞尿処理に関する研究−ロックウール脱臭用新素材の利用試験(76)
摘要ロックウール(略記:RW)脱臭用新素材について、実用上の問題点把握並びに効果的な利用法を確立するため、有効な生物脱臭材料の一つである土壌との脱臭性能等の比較試験を行った。鶏糞堆積発酵時に発生する臭気ガスを二つ分け、土壌脱臭槽とRW脱臭槽とに毎日連続して送り込み、脱臭効果や通気抵抗等を継続して調査した。平成2、3年度には、グラスウール入りRW脱臭材料を供試材料とし、堆積発酵槽容器下層から吸引型通気方式で排ガスを吸引して両脱臭槽に送り込んだ。平成4年度では、ウレタンチップ入りRW脱臭材料を供試材料とし、ハウス内に吸引型通気床を設け、その上に鶏糞を堆積して発酵させ、排ガスを吸引して両脱臭槽に送り込み試験した。ウレタンチップ入りRW脱臭材料は土壌と同程度の脱臭効果が得られることを確認したが、材料水分の維持の必要性などが認められた。
研究分担畜産工学・飼養研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034489
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat