野菜害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究(57)

野菜害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究(57)

課題番号1993002662
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
他機関鹿児島県農試
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題近畿・中国地域における農業環境の保全・管理方式の確立
大課題虫害の地域的特性の解明と総合防除技術の確立
中課題主要害虫に対する化学制御物質の合理的利用法の確立
小課題野菜害虫に対する新殺虫剤の作用特性に関する研究(57)
摘要殺ダニ剤サンマイトフロアブルを供試し、きゅうりのニセナミハダニおよびワタアブラムシに対する効果を検討するとともに、作用特性、薬害などを調査した。その結果、ニセナミハダニに対する効果は対照薬剤DDVP乳剤よりも優れ、薬害も認められなかった。ワタアブラムシに対する効果はDDVP乳剤と同じ程度で、薬害は認められなかった。したがって、本剤は今後きゅうりのハダニ類の防除薬剤として効果が期待できるものと考えられる。
研究分担生産環境・虫害研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034558
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat