米の低アレルゲン性の検定(62)

米の低アレルゲン性の検定(62)

課題番号1993002667
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
他機関農研センタ
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題近畿・中国地域における耕地の高度利用方式の確立
大課題作物育種技術の開発と品種の育成
中課題育種素材の評価と育種素材化技術の開発
小課題米の低アレルゲン性の検定(62)
摘要低アレルゲン系統85KG4および85KG7を増殖した。85KG4を精米し、小児科医師を通して7名の米アレルギー患者に摂食させたところ、2例に症状の改善がみられたが他は変化無しであった。胚乳を走査型電子顕微鏡で観察した結果、原品種のコシヒカリは複粒でん粉粒が多面体状であり、でん粉粒間の間隙が蛋白によって充填されていたが、85KG4の複粒でん粉粒は球状で、でん粉粒間の間隙の蛋白による充填が不十分であり、空隙の多い構造となっていた。85KG7はこの傾向がさらに著しかった。低アレルゲン米が紛状質で精米時に砕け易いのはこのでん粉粒と蛋白との構造によるものであると考えられた。
研究分担作物開発・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034563
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat