難裂開性高度抗酸化性良質ゴマの育成(67)

難裂開性高度抗酸化性良質ゴマの育成(67)

課題番号1993002671
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
他機関農研センタ
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題近畿・中国地域における耕地の高度利用方式の確立
大課題作物育種技術の開発と品種の育成
中課題育種素材の評価と育種素材化技術の開発
小課題難裂開性高度抗酸化性良質ゴマの育成(67)
摘要77系統のゴマを用い、最下さくの裂開時に茎中央部を25cm切取り、40度で風乾した。この茎片を逆さまにして自然脱粒割合を求めた。次に振幅約4■、振動数5Hzの振動器に逆さまにとりつけ、振動脱粒割合を求めた。自然脱粒割合と振動脱粒割合は高い相関関係にあった。2つの脱粒割合とも早まきの方が有意に小さかった。このことは、脱粒性は遺伝的特性とともに、栽培条件等の要因も関与していることを示している。本年度の試験で、振動脱粒割合が0.1以下の難脱粒性系統が6つ得られた。内訳は難列開型が1つ、対座接着型が4つ、混合型が1つであった。また80度で乾燥すると裂開程度が小さくなり、裂開の機構には乾燥だけでなく、他の要因も関与していると考えられた。
研究分担作物開発・育種素材研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034567
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat