肉用牛の子牛の発育に対する母性遺伝の検討(121)

肉用牛の子牛の発育に対する母性遺伝の検討(121)

課題番号1993002713
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題近畿・中国地域における家畜の合理的飼養管理技術の確立
大課題肉用牛の生産性向上技術の確立
中課題肉用牛の効率的育種法及び先端的繁殖技術の確立
小課題肉用牛の子牛の発育に対する母性遺伝の検討(121)
摘要肉用牛の子牛の発育に対する母性遺伝の影響を調べるため、畜産部で1937年から1992年の間に生産された、1607頭の黒毛和種子牛の血縁情報と6ヶ月までの発育記録をデータベース化した。平均近交係数は0.7%であった。生時体重に対しては種雄牛、出生季節、性、母牛産次が有意な影響を及ぼしていた。アニマルモデルのREML法で推定した生時体重の遺伝率は、個体自信の発育能力による部分が0.59、母性遺伝効果が0.03、共通環境の影響は0.03であった。生時体重に対しては母乳の影響がないので母性遺伝の影響は小さかった。個体自信の発育能力の遺伝率は、種々の数学モデルで推定したが、0.59〜0.63の範囲にあり、モデル間差は小さかった。
研究分担畜産・育種繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat