黒毛和種繁殖牛の生理、繁殖機能に及ぼす飼料構成の影響(125)

黒毛和種繁殖牛の生理、繁殖機能に及ぼす飼料構成の影響(125)

課題番号1993002720
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題近畿・中国地域における家畜の合理的飼養管理技術の確立
大課題肉用牛の生産性向上技術の確立
中課題肉用牛の栄養と飼養管理技術の確立
小課題黒毛和種繁殖牛の生理、繁殖機能に及ぼす飼料構成の影響(125)
摘要黒毛和種繁殖牛6頭を3頭ずつの2群に分け、粗飼料として稲わらを給与乾物中の25%ないし35%給与した。TDN給与量は日本飼養標準に準じ、繁殖ステージに応じて増減した。発情回帰日数は平均40〜46日であったが、昨年度と同様に稲わら25%区のばらつきが大きかった。血漿中プロジェステロン濃度は両区とも正常と考えられた。両区とも血清中のコレステロール濃度は分娩後高まり、トリグリセライドとNEFA(遊離脂肪酸)濃度は逆に低下する傾向にあった。皮下脂肪厚は区間あるいは繁殖ステージよりも個体間のばらつきが大きく、ある程度長期間の栄養状態を反映していると考えられた。
研究分担畜産・栄養生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034616
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat