オオクサキビ−ライグラス草地の効率的利用技術

オオクサキビ−ライグラス草地の効率的利用技術

課題番号1993002740
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間新H05〜H08
年度1993
研究問題近畿・中国地域における家畜の合理的飼養管理技術の確立
大課題草地・飼料作物生産性向上技術の確立
中課題草地生産力の維持向上技術の開発
小課題オオクサキビ−ライグラス草地の効率的利用技術
摘要造成・利用面である程度実用化のめどのついたオオクサキビ−ライグラス草地について、潜在的な草生産量を有効に利活用し、高水準の家畜生産性を実現するため、高栄養草地としての可能性と効率的な利用方式を検討する。初年度は、長期輪換放牧条件下で予備放牧を行い、オオクサキビおよびライグラス草地の牧草生産量、増体重、牧養力などを把握するとともに、放牧管理の基礎データを得るため、頻繁刈条件下で牧草量、飼料成分の変化を調査する。また、経年草地植生の衰退状況及び牧養力の変化を継続調査する。
研究分担畜産・草地飼料研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034636
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat