野菜のポリアミン生成と老化調整の関連解明(164)

野菜のポリアミン生成と老化調整の関連解明(164)

課題番号1993002758
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題地域農産物の流通システムの確立
大課題農産物の流通対応技術の開発
中課題青果物・穀物の流通・加工過程における品質保全技術の開発
小課題野菜のポリアミン生成と老化調整の関連解明(164)
摘要播種後10日のダイコン(耐病総太り)子葉を材料として用いた。子葉から直径1mmのディスクを打ち抜き、プトレッシン、スペルミジン、スペルミン(各1mM)、ジフルオロメチルアルギニン(DFMA)、アミノオキシ酢酸(AOA)(各5mM)の溶液に浮かべ、20℃3日後のクロロフィル含量を測定したところ、スペルミジン、スペルミンで顕著なクロロフィル保持効果がみられた。AOAにも同様の効果がみられ、DFMAは若干クロロフィルの分解を促進した。また、20℃および5℃下で貯蔵した子葉のアルギニンデカルボキシラーゼ(ADC)およびオルニチンデカルボキシラーゼ(ODC)の活性を比較したところ、ADCでは5℃貯蔵の方が高い活性を示した。ODC活性は両温度区で共に低かった。
研究分担地域基盤・流通技術研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034654
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat