牛肉品質の因子解析と改善技術(168)

牛肉品質の因子解析と改善技術(168)

課題番号1993002762
研究機関名中国農業試験場(中国農試)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題地域農産物の流通システムの確立
大課題農産物の流通対応技術の開発
中課題牛肉の品質評価・保全技術の確立
小課題牛肉品質の因子解析と改善技術(168)
摘要牛肉色は枝肉格付および消費者の購入時における重要な判定項目である。そこで、屠殺時の体重、系統の差あるいは濃厚飼料の構成内容の違いにより肉色がどのように変化するのかを調べた。その結果、650kg屠殺区の総色素量は、550kgと600kg屠殺区の総色素量より高かった。また、650kgと600kg屠殺区のa値(赤色度)は、550kg屠殺区のa値より高かった。種雄牛間で総色素量とL値(明度)に差が認められた。大麦主体あるいはトウモロコシ主体の濃厚飼料の違いは、総色素量と肉色に影響を及ぼさなかった。総色素量とL値の反比例の関係に筋肉内脂肪の白さが影響を及ぼした。
研究分担畜産・産肉利用研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034658
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat