北海道畑作地域における高度畑輪作営農システムの確立(11)

北海道畑作地域における高度畑輪作営農システムの確立(11)

課題番号1993001951
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関帯広畜大
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題北海道地域農業の発展方式の確立
大課題地域農業と経営の発展方式の確立
中課題農業の経営方式と管理運営方法の解明
小課題北海道畑作地域における高度畑輪作営農システムの確立(11)
摘要ルーズな形の輪作を取り入れた営農計画を策定するために、音更農協の中期総合計画のデータを基にして、ファジィ線形計画法の適用を試みた。その結果から、野菜作導入農家の所得は畑作4作物を中心とする農家に較べ格段に高く、野菜導入は高収益をもたらすとともに輪作条件も緩和する。また、主要4作物の4年輪作を最もタイトな輪作条件として徐々にその条件を緩める(あいまいにする)と、ばれいしょ、小麦が拡大し、所得も増加する。つまり、ファジィ線形計画法は、輪作条件や所得目標、時期別労働時間など確定値を得ることの難しい計画要素を、あいまいにしたまま計画策定のできる手法であることを明らかにした。
研究分担農村計画・地域計画研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034668
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat