景観植物の加工販売を契機とした農村活性化の特質解明

景観植物の加工販売を契機とした農村活性化の特質解明

課題番号1993001966
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H05〜H06
年度1993
研究問題北海道地域農業の発展方式の確立
大課題農村地域基盤の総合的整備と地域計画手法の確立
中課題農村地域計画方法の確立
小課題景観植物の加工販売を契機とした農村活性化の特質解明
摘要自然・景観の予測とその評価については単に経済的な見通しだけでなく、計画後の景観を事前に見ることができると、その計画のある程度の予測が可能になる。この映像による表現の方法は合意形成の上で、大きな役割を果たすことが期待される。本研究では、コンピュータの上でコンピュータグラフィクスと、バーチャルリアリティ、人工現実感を用いて自然や景観を表示し、そしてそれを人間の感性をもとに改善する手法を開発し、コンピュータ上で改善された自然や景観の評価を行う方法を開発する。また、このような自然・景観資源を活用した地域計画についても手法開発を行う。
研究分担農村計画・情報処理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034683
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat