積雪耐性に及ぼすハ−ドニング物質の影響

積雪耐性に及ぼすハ−ドニング物質の影響

課題番号1993001971
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の低温生理生態に関する基礎的解明
中課題寒地における作物冷害・寒害発生機構の解明と耐冷性・耐寒性向上技術の開発
小課題積雪耐性に及ぼすハ−ドニング物質の影響
摘要積雪耐性の異なるコムギ品種を選定するとともに、それを供試してハードニング過程における積雪耐性の発達と本プロジェクトの関連課題で探索されたハードニング物質の増大の関係を究明し、積雪耐性獲得の物質的基礎を明らかにする。貯蔵養分簡易検定(Etiolated growth)により、ハードニング過程に於けるコムギの積雪耐性の獲得と積雪下における消失の関係を調べ、積雪耐性の種内変異を把握するとともに、積雪耐性発現における重要ステージのコムギの生体内物質を分析し、積雪耐性向上とハードニング物質との関連性を解明する。またハードニングにより積雪耐性が向上したコムギを長期埋雪処理し、雪害防御に対するハードニング物質の作用を明らかにする。
研究分担作物開発・麦育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034688
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat